2020年01月31日

【地域が喜ぶ施設に】



こんにちは。
流通コンサルタント(1級販売士)の志村
幸司です。
2024年末に沖縄本島北部にて開業を目指
すテーマパークについて書きたいと思い
ます。
DSC_1462.JPG
※31日琉球新報
テーマは「北部の大自然の魅力」

ヤンバルの森で陸地向けの楽しみ方が中
心になるようです。
沖縄と言えば「海」と答える人が多いで
しょうし、観光もそれが主になっている
ようです。
沖縄観光でもっとも検索されているのが
沖縄の海を伝える、美ら海水族館という
ことですし。
そんな中、ヤンバルの森をテーマに掲げ
たことは新しい価値作りへの取り組みと
言えます。
沖縄と言えば「海」「ヤンバルの森」2
つの強みになることが期待できます。

富裕層を呼ぶ

同テーマパークは富裕層の呼び込みを考
えているようですが、沖縄には富裕層が
泊まるホテルなど施設がなく、富裕層が
楽しめる環境を作り呼ぶ事が出来れば沖
縄ブランドも高まると思います。
更に、世界の旅行人口の5%程度しか日本
に来ていない事を考えると、富裕層以外
にも大きな市場があると考えられ、そこ
へのアプローチにも期待したいと思いま
す。

大切な地域貢献

また、成功した暁には本社を那覇から北
部に移し、雇用や税収にも貢献していく
とのことで、地域へのプラスも大きい取
り組みになりそうです。

最後に

沖縄初の本格テーマパークは、新しい価
値の創造による集客、そして地域への貢
献。観光客が喜び地域も喜ぶ、そんなテ
ーマパークを実現して欲しいと思います。
posted by 志村幸司 at 11:29| Comment(0) | 情報

2020年01月03日

幸多き1年に!

新年明けましておめでとうございます。

2020年が皆様にとって幸多き1年にな
りますよう願います。
ネズミの一番乗りで十二支の最初にな
ったいわれる子年。
Shimuraマーケティングにおきましても先頭
を走れるよう精進します。
今年も宜しくお願い致します。
posted by 志村幸司 at 09:13| Comment(0) | 情報

2019年11月07日

【外間製菓所】



こんにちは。
流通コンサルタント(1級販売士)の
志村幸司です。
今日は那覇市牧志市場本通りにある
「ほかませいか(外間製菓所)」
について書きたいと思います。

DSC_0890.JPG
※代表の外間有里さんと
戦後より三代

ほかませいか(外間製菓所)の歴史は古く
戦後より三代続いています。
現在の代表外間有里さんは三代目として
頑張る若き女性経営者で、以前はミス那
覇としても活躍していました。
ハレの日に供えられ、ハレの日を彩るハ
レの日のお菓子として生活に浸透した沖
縄の郷土菓子。
外間代表は“ライフスタイルの変化が著し
い中、改めて家族との絆を見直してみる。
沖縄の郷土菓子がきっかけとなり、その
背景にある伝統・文化とともに多くの人
に愛されていく“事を目標として日々の
業務に勤しんでいます。
また、変わらぬ味わい、伝統を守りなが
ら現代の暮らしに寄り添った新しい郷土
菓子と伝統行事のスタイルを提案してい
きたいとの事で、今後の取り組みも注目
です。

DSC_0883.JPG


DSC_0881.JPG


DSC_0882.JPG


こんぺんとコッペパン

お手伝いが終了し、購入したのが
「琉球伝統菓子こんぺん」
と大きなサイズが目をひいた
「コッペパン」
こんぺんは程よい甘さと適度な食感。
何やら隠し味も入っているようです。
まさに、歴史を感じる安定感。
コッペパンもふっくらと良い感じ。
サンドイッチも目の前で次々に売れ
ていました。
琉球伝統菓子だけでなくパンも扱う
面白さも通りを行き交う人々の目に
とまっているようです。
DSC_0893.JPG


DSC_0898.JPG


DSC_0892.JPG


IMG_20191107_180200_921.jpg


IMG_20191107_180200_952.jpg


DSC_0886.JPG


DSC_0884.JPG
まとめ

ほかませいか(外間製菓所)は那覇市
牧志市場本通りにある琉球伝統菓子
のお店です。
伝統を守りながら新しい事にも取り
組む同店に是非お立ち寄り下さい。
DSC_0897.JPG
※従業員の皆さんとパチリ
posted by 志村幸司 at 15:58| Comment(2) | 情報