2018年10月24日

【無印良品の農産物】



こんにちは。
販売コンサルタントの志村幸司です。
先日、有楽町にある無印良品に行ってきた
のでその事について書きたいと思います。

DSC_2153[1].JPG
無印良品と言えば

無印良品と言えば…
シンプルな生活を提案しナチュラルカラー
の衣料品や寝具インテリア、雑貨やレトル
ト食品など一部加工食品を扱う店舗。
こんなイメージでしょう。

しかし、無印良品には数店舗農産物を扱う
店があります。
その1号店、無印良品有楽町店に行ってき
ました。

DSC_2157[1].JPG
JR有楽町駅の近く

JR有楽町駅から数分歩いた場所にある同店
は、1階が農産物を扱う食品売場、2階と
3階が衣料品や住居関連品の売場となって
います。
今回の来店目的は農産物コーナーを見るこ
とでしたが、期待通りの内容でした。

DSC_2159[1].JPG
健康と国産

1階の売場では健康と国産にこだわった高
品質な農産物(野菜果物)、調味調剤、レト
ルトや缶詰め、お菓子類を提供しています。

農薬不使用、ノーワックス、有機栽培、特
別栽培(化学合成農薬および化学肥料の窒
素成分を慣行レベルの5割以上削減して生
産した農産物)など、高品質商品を扱って
います。
複数台配置されたビデオからは、生産の過
程や、生産者のメッセージが流れています
。そのビデオからは消費者の健康を追求す
る作り手の熱い想いが伝わってきます。
そして直線的に届く音響システムにより、
隣のビデオと全く音が重ならない工夫がさ
れているため、一語一句キチンと言葉が聞
き取れ内容も伝わってきます。
生産者や店の想いがしっかり伝わるって素
晴らしいと思います。
昔の生産風景を想像させる農機具のディス
プレイも手作り感を引き立てています。
また、POPは手書きで親近感を持たせな
がら、情報は栽培方法などに絞って載せて
いるため、文字数が適切で読みやすいもの
でした。
 
DSC_2164[1].JPG
最後に

健康と国産にこだわった品揃えは、消費者
の健康生活に貢献したいという想いが伝わ
ってくるものでした。
また同店の売場づくり(陳列、POP、演出
物)などからは「伝えたいことは工夫次第
で伝わる」という事を強く感じました。
どうやったら伝わるのかを徹底的に考えて
いるのでしょう。
昨年9月にオープンして1年経過したばか
りですが、東京都の道路計画により来年4
月に日本初のMUJIブランドホテル(インバ
ウンド対応強化/中国で成功)とともにオー
プンする銀座店に引っ越しする予定のよう
です。
新しい売場にさらに期待したいと思います。
posted by 志村幸司 at 20:44| Comment(0) | 情報

2018年10月17日

「顧客の目線で見る」



こんにちは。
販売コンサルタントの志村です。
東京でこのようなお店を見掛けました。


試飲して欲しい

新しい珈琲豆で作った珈琲を試飲して貰うた
め店頭で呼び込みをする店員さん。
しかしほとんど誰も振り向かない。時々振り
向くのは外国人さんだけ。
こんな状況を見掛けました。

もったいない状況

せっかく新しく取り扱う珈琲を無料で味わっ
て頂きたいのにお客様が寄り付いてこない。
試飲会などの表示がないので、飲んだ後に売
り込みされるという気持ちが働き足を遠ざけ
てしまっているのだと思いました。
百貨店の衰退理由のひとつに売り付ける接客
があげられています。
売り込み感を消す事が大切なんです。
試飲だけということがより解りやすい表示を
行う必要があります。
また、店内に入るとブックカフェでしたが外
からは本があるイメージを描けませんでした。
表の声掛けで視線が逸らされているためであ
りもったいない限りでした。

最後に

商売の問題はお客様の目線(顧客視点)で見
ること大切で、お客様の立つ場所、お客様
の座る場所から見てみる。そして離れた場
所から様子を見てみる事で、原因がつかめ
改善に繋がることがよくあります。
大切なのはお客様の目線で見ることです。
posted by 志村幸司 at 23:41| Comment(0) | 情報

2018年10月12日

【瞳輝くVRM受講生】



こんにちは。
販売コンサルタントの志村幸司です。
明治大学で実施されたビジョン・ロードマップ
(以下VRM)3日間講座にオブザーバーとし
て参加しましたので、そのまとめを書きます。
 
DSC_2195[1].JPG
 
DSC_2217[1].JPG

 
参加メンバーは女性たち

 
今回のVRM講座は、明治大学が企画した「女
性のためのスマートキャリアプログラム」の中
で実施されています。
多種多様な経歴をお持ちの自分を磨きたい女性
たちが参加しています。
 
DSC_2210[1].JPG
 
同講座の講師は、VRMの開発者「藤野公子」
先生。
藤野先生は、外資系企業でマーケティング、チ
ャネル戦略マーネジャーを歴任海外含め3万人
を指導し、ハーバード・ビジネススクールエグ
ゼクティブコースを修了している、現場を知り
理論を知る実力者です。
現在は、マーケティング・コンサルタントや大
学講師、客員教授として活躍されいてます。
 
VRM講座の中身は

 
DSC_2209[1].JPG
 
VRMの特徴は文字ではなく絵にかく事でイメ
ージを高めること。科学的なアプローチでビジ
ョンを描き、進捗発表等で更に実現への道を開
いていきます。
 
自分の特徴を洗い出し、ミッションを作り次に
以下、4つのビジョンを考えていきます。
 
@lifestyle design(自分らしさと健康溢
 れるライフスタイルビジョン)
Acareer & self development(仕事・
 勉強に関する自己開発ビジョン)
Bself refleccion & networkinng(
 自己を見直す。人と繋がる人間関係ビジョン)
Cお金や資金を賢く管理するビジョン
 
そして、最後に纏めとして3年後の自分を描き
出します。
 
自己の内省や、科学的な視点から紡ぎ出していく
ビジョンは自分のやり残してきたことであったり
、新しい挑戦だったりします。
 
初日は@2日目はA3日目はBとCについて、
上記の分析と抽出、そして共有を繰り返しまし
た。特に共有することは、意思の表明とも言え
行動の後押しになります。そして他の人の話を
聞くことも凄く参考になります。
 
最後に

 
今回は3日間でインプットとアウトプットを繰
り返し、多方面からのあるべき姿を考えました
。受講生の皆さんも瞳キラキラやる気に満ち溢
れ、質問タイムも盛り上がりました。
 
持ち帰ってのVRM作成となりますが、次回の
発表が楽しみで仕方ありません。
 
藤野公子先生、3日間の講義お疲れ様でした。
 
そしてスマートキャリアプログラム(スマキャ
リ)8期生の皆さんお疲れ様でした。
フル回転、リフレッショされた頭でVRMを描
き切って下さい。そして実行してください。
 
※人を創る「VRM」は企業の人材育成にも活
用できます。
私も普及活動のお手伝いをしていきたいと思っ
ています。
 
※明治大学には今回初めて伺いましたが、学校
、周りの環境ともに素晴らしかったです。
DSC_2208[1].JPG


DSC_2215[1].JPG
 








posted by 志村幸司 at 16:57| Comment(0) | 情報