2018年12月07日

【消費増税への対策】



販売コンサルタントの志村幸司です。
今日は中小規模事業者に求められる消費増
税対策について書きたいと思います。

考える2.png
増える手間

消費税は来年2019年10月に10%に上がり
ます(軽減税率で一部は8%のまま)。
消費者は納める税金が増え、事業者は仕入
の際に払った税金と商品を売る際に消費者
から預かった税金それぞれ税率を含め管理
して国に納める必要があり手間が増えます。

他にも大きな影響が

事業者にとって他にも大きな影響が考えられ
ます。
それは、消費意欲の減退、消費低迷による売
上のダウンです。
2013年に5%から8%になった際には3年程
消費支出の減少が続きました。
前回は消費税還元セールを一切禁止にしたこ
とも消費低迷の一因と言われたため、今回は
「消費税還元セール」こそ認めていないです
が、「2%還元セール」なら使用可能になる
ようです。
事実上の消費税対策セールが打てるようにな
るわけです。
そうなるとどんな影響が出るでしょう?

資金力の差が大きく出る

消費税への対策セールがメディアを通し日本
中で賑わうでしょう。しかし、大きな経費が
かかるセールを連発出来るのは資金力のある
企業のみです。
より、資金力がある企業に消費者が流れる可
能性が高いと言えます。
資金力に劣る商店街や小規模店舗は今から品
揃えや売場作りを見直し、顧客満足度を高め
ることで、消費増税の影響を最小限に食い止
めることが大切になりそうです。

まとめ

施行まで1年を切った消費増税。
必要対策は会計や税務対応だけではありませ
ん。
導入後に起きる、消費低迷、資金力のある企
業の対策セールの影響を踏まえた売上対策を
打つことも同様に急務ということです。
商店街や小規模店舗は今のうちにファン作り
をしっかりと行わなければいけません。


posted by 志村幸司 at 02:15| Comment(0) | 情報

2018年11月26日

【うるマルシェ】



こんにちは。
販売コンサルタントの志村幸司です。
11月1日にうるま市前原にオープンした
うるマルシェに来ています。
廻ってみての感想を書きたいと思います。

DSC_2725.JPG

うるマルシェの狙い

うるマルシェはうるま市農水産業の戦略
拠点に位置付けられ、同施設を中心に、様
々な課題解決を図り、うるま市の経済エン
ジンになる事が狙いです。
@農水産直売所(農産・水産・畜産・食品
・特産品)
A産直レストラン
B産直加工品ブース
C農水産業多目的センター
Dキッチンスタジオ
Eイベント広場
F情報エリア
を設置し、232台の駐車場を抱えています。
DSC_2727.JPG


DSC_2728.JPG

入りやすく廻りやすい導線

道路から店舗に入って行く際、間口も広く
とられ女性ドライバーにとっても安心感の
ある作りです。
店内は、パッと目に入るのが産直レストラ
ン、食事にドリンクやサラダバーがついて
くるという事で女性客で賑わっていました
。イベント場側の産直加工品販売ブースで
は、うるま市の名物のモズクを使った「勝
連漁協」モズク天ぷら(小さめサイズで3個
100円)や、黄金芋のスイーツ類で大人気の
「黄金茶屋」のタルトなどうるま市の名産
物が楽しめます。
農水産直売所では、うるま市を中心とした
農産物が特に豊富でした。
友好都市である盛岡市の農産加工品コーナ
ーもあり、楽しめる品揃えです。
また、キッチンスタジオも20名ほどの女性
が学んでおり賑やかでした。
DSC_2731.JPG


DSC_2732.JPG


DSC_2736.JPG


DSC_2737.JPG


DSC_2739.JPG


DSC_2751.JPG
最後に

入りやすさ、買い廻りのしやすさ、全体と
して楽しめる施設でした。
直売所がすっきりしている反面何がどこに
あるかわかり辛い感じがするので、もう少
しメリハリをつけると良いかと思いました
が、うるま市の良さを伝えるうるマルシェ
は、地元客にも観光客にも喜ばれる施設に
なりそうです。
同施設をきっかけにうるま市が盛り上がる
と嬉しいです。
DSC_2759.JPG




posted by 志村幸司 at 13:36| Comment(0) | 情報

2018年11月25日

【人生の道標 VRM】



ビジョン・ロードマップ(VRM)の勧め!

DSC_2721 (1).JPG
金曜日から本日日曜日まで、講義、作成、
発表合わせて3日間のビジョン・ロード
マップ(VRM)研修のお手伝いをしました。
参加者は学生さんから会社員、経験を積
み独立している方まで多様なメンバーで
した。

ビジョン・ロードマップ(VRM)は
「成りたい自分」を考えビジュアル化し
、それを実現して頂きますが、描く前に
、その意味や意義を講義を通して理解す
ることが大切です。

目標を設定してゴールを目指すという手
法は、大手企業を中心に行われています
が、それは仕事のみに焦点を当てたもの
がほとんどです。
しかし、人間の成功や幸せは仕事だけで
なく、仕事を離れた私的な部分も含まれ
てきます。
そんな人としてのバランスを考えて描く
のがビジョン・ロードマップ(VRM)です。

本日は描いたビジョン・ロードマップ(
VRM)の発表日でしたが、各々仕事と私
生活のビジョンがバランス良く描かれて
いて、「成りたい自分」がキチンと描か
れていました。

今回は個人を対象とした講義でしたが、
ビジョン・ロードマップ(VRM)は企業に
もお勧めです。
幸せ感や楽しさが重視される現代、幸せ
な社員を抱える企業にしか人は集まらな
いからです。
ビジョン・ロードマップ(VRM)を描く事
で公私共に輝く人間を目指して頂きたい
と考えていますし、そんな人材を抱える
企業こそ、人材不足に陥らない企業だと
思います。
企業にもビジョン・ロードマップ(VRM)
への取り組みを強くお勧めします。
posted by 志村幸司 at 21:41| Comment(0) | 情報