2018年04月03日

【この人から買いたい】



こんにちは。
販売コンサルタントの志村幸司です。
今日は「この人から買いたい」という思い
について書きたいと思います。

IMG_20180403_185929.jpg
車を買いました

車の車検が近付いていたことから、与那原
にある与那原自動車整備センターに車を見
に行きました。その店の販売責任者島袋さ
んを訪ねたのですが、あれよあれよという
間に購入が決定。なぜ直ぐに決まったかと
言ったら、

この人から買いたいから

そう
「島袋さんから買いたいから」
なんです。
島袋さんからは過去に家族の車を6台ほど
購入しましたが、親切丁寧な対応で外れと
思ったことが1度もありません。
保管方法や使い方などまで考慮して適切な
車を提案してくれるので安心です。
一生懸命な対応に対する「返報性」だけで
なく、絶対の「ブランド力/信頼感」があ
るわけです。

まとめ

「この人から買いたい」という思いは、ブ
ランド力からきます。信用信頼を高めるた
めに、お客さまの立場に立って徹底的に考
えて行動する事です。
島袋さんからそんなことを感じました。
posted by 志村幸司 at 18:42| Comment(0) | 学びの部屋

2018年03月14日

【販売技術を磨く意義】



こんにちは。
販売コンサルタントの志村幸司です。
今日は販売技術を磨く意義について書きた
いと思います。

001885_li.jpg
そもそも販売って

販売とは「商品を顧客に売ること」と辞書
で出てきます。マーケティングという言葉
に拡げると、お客様が必要としている商品
やサービスを必要な時に必要な量、または
、必要性が表面化していない市場を提案し
造り上げること、製造方法や周知方法、販
売方法を明確化することです。販売はマー
ケティング活動の一部ということです。

販売力は技術なのか

販売は高い技術がなくても出来ます。性能
や品質が高く、対して価格が劇的に安けれ
ば売れますし、市場にない商品であれば同
じように売れます。
しかしモノが溢れる現代、必要なモノは基
本的に手元に揃っていて、必要になれば近
くの店ですぐに手に入ります。
そうなると、自分の店で買ってもらうため
の技術が必要になります。提案力のある売
場を作ったり、接客力を上げたりすること
です。売場作り力を上げるのも接客力を上
げるのも学びや経験が必要です。的確な提
案をするためにお客様の心理面の学びも必
要になります。お客様の満足度を高める意
味で販売力とはまさに技術ということです。

売り付ける技術なのか

1度限りでも良しとばかりに売り付ける商
売も確かにありますし、断れない人を見つ
け出して何度も販売する商売もあります。
これらも販売技術です。学んで身に付けた
事だと思います。友達を沢山作って買って
貰う商売もあります。しかし、モノと価格
のバランスが悪ければ、購入する側は販売
者である友達のために損をすることになり
ます。いずれも永くは続きません。
お客様の幸せと自分の幸せとウィンウィン
でなければ、商売は永続きしないのは当た
り前です。ウィンウィンの関係を作ること
が重要だと言え、それに基づき磨き上げる
のが販売力(販売技術の向上)だということ
です。

まとめ

販売技術には提案を起点とした売場作り力
や、接客力があります。
また、販売者と購入者がウィンウィンの関
係であることも永続のために重要です。
ウィンウィンの関係作りに基づく販売技術
の向上を図ることが大切です。
posted by 志村幸司 at 19:53| Comment(0) | 学びの部屋

2018年02月16日

【衝動買いのAIDMA】

【まさに衝動買い】

DSC_1796.JPG
自分は衝動買いをしない…はずが買っ
てしまいました。

「週刊大衆」ならぬ「週ニャン大衆」
猫の目線で社会問題を考えていると
ころなどが面白い。

(attention)表紙を思わず2度見
(interest)猫目線の表現が面白い
(desire)立ち読みでメタファー/比喩表現に笑い
(memory)値段も手頃だし
(action)買っちゃった

AIDMAの法則です顔1(うれしいカオ)

#AIDMA #衝動買い #マーケティング
posted by 志村幸司 at 19:47| Comment(0) | 学びの部屋