2019年01月16日

【限定販売と客離れ】



今日は限定販売と客離れについて書きた
いと思います。

限定する

買いたくなる(購買意識が強く働く)方法
として
「今だけ・ここだけ・あなただけ」
という言葉を活用した限定販売が小売り
の世界でよく活用されています。

今だけ(時間)ここだけ(場所)あなただ
(ロイヤリティ)を活用して、買いたくさ
せる方法ですが、人は「…だけ」と限定
されることで、買わないと損するという
気持ちや特別感などを持つもので、限定
販売は購買意欲を高める武器と言えます。

スーパーなどでは、日替り品など期間限
定価格商品、数量限定商品などで集客を
図り、テレビショッピングなどでは、商
品の品質や使い勝手の良さ、楽しさを徹
底的説明することで“良いな“とか“欲し
いな“などと思わせ、最後にお得感を感
じるよう「今だけ価格」を提示して背中
を押す流れなどが見られます。
前者は価格相場が明確なので購入者の満
足度は高いはずですが後者は注意が必要
です。
欲しいものを納得できる価格で購入した
場合と、迷っているのを背中を押されて
購入するのは買った後の満足感に違いが
出るからです。
後悔する気持ちを押さえ、正しい買い物
をしたと思い込もうとする心理が働くも
の、結局後悔が残り満足度は下がります。
後悔は客離れを起こすので、相場感や適
切な売り込みを意識し後悔させないこと
が大切です。

まとめ

購買意欲を高めさせるために「今だけ・
ここだけ・あなただけ」という言葉で限
定感や特別感を感じて頂く事が大切です
。ただし、同時に後悔させないことも重
要で、品質と価格のバランスを整える事
や、節度のある売り込みを心掛ける事が
重要です。
今だけ感を過度に強調するなど、売り込
むだけのテクニックに走り過ぎないこと
です。
後悔=客離れ
だと思うべきです。


posted by 志村幸司 at 10:53| Comment(0) | 学びの部屋

2018年11月29日

【人が対応する意義】



こんにちは。
販売コンサルタントの志村幸司で
す。
とある店舗での体験談を書きます。

レジ.jpg
悪気はなくても

商品を選び終え、レジに行った際
にこんなやり取りをしました。
支払終了後、頂いたレシートをレ
ジ前にある専用ゴミ箱に入れよう
としたら、レシートが溢れていて
捨てられない状態。そのため知ら
せて捨てて貰おうと“満杯ですの
で“と箱の中身を手渡そうとした
ところ「お客様がお並びなので後
で捨てます」との迷惑そうな顔で
返答。
自分の足下にあるゴミ箱に捨てる
のに1秒も掛からないし、次のお
客様の事を考えると直ぐに対応す
べき事のはずなのに。
レジを待たせないということはも
ちろん大切ですが、そこに気持ち
が行き過ぎているように感じまし
た。
次のお客様はどこに捨てたら良い
のでしょう。
そんな事を考えてしまいました。

レジの無人化が進むなか、レジに
人が立って対応する意義は何なの
かを考えて行動をしなければ、余
計にレジ担当はいる必要がなくな
ってしまいます。

顧客目線が大切

「顧客目線」で考えること。
これは売場作り、接客など販売に
関わること全てで重要な視点です
が、人と人が接するレジに置いて
は特に重要なポイントと言えます。
人に感動を与えるのは人の行動で
あることが一番多いのは言うまで
もありません。

まとめ

人が対応する意味を考える。
顧客目線で考える。
大切にしたいものです。
posted by 志村幸司 at 01:49| Comment(0) | 学びの部屋

2018年10月08日

【人が輝く時代】



(557回)
DSC_2138.JPG
おはようございます。

モノに囲まれ一見豊かな時代。
自主的に行動しなくてもなんとなく
生きていける時代。

そんな今の時代に大切なのはなんだと
思いますか?

私は自分自身のビジョンを持つこと
、そして、それを実現するために行
動することだと思っています。
「人が輝く時代」
それが個人の幸せ向上に繋がると思
っています。
そして、少子高齢化による働き手不
足の今。
企業にとっての魅力ある人材開発に
繋がるとも考えています。

という事で、自己開発、人材開発に
貢献していくための学びに出発しま
す。

写真は沖縄を飛びたった直後に撮影
したものです
幻想的ですよね〜顔1(うれしいカオ)
posted by 志村幸司 at 08:13| Comment(0) | 学びの部屋