2019年03月14日

【小型スーパージップマート】



こんにちは。
販売コンサルタントの志村幸司です。
沖縄の地元スーパーかねひでが経営する小
型スーパージップマート(沖縄市三原店)を
見た感想を書きたいと思います。

DSC_3653.JPG
スーパーとコンビニの間

ジップマートは一般のスーパーとコンビ
ニの間に位置する小型スーパーです。
今日は三原店(昨年11月オープン)に伺い
ましたが、売場面積は70〜80坪(コンビ
ニの2倍程)、品揃えは農産・水産・畜産
、そして惣菜、加工品、生活用品等を扱
っています。
また、サービス機能としてはイートイン
コーナー(惣菜シム×食堂)を設けていま
す。
惣菜コーナーでは、ゆし豆腐、牛汁、あ
ひる汁など沖縄にこだわった汁ものも販
売しているので、イートインコーナー(
惣菜シム×食堂)で食べるのもお勧めです。

DSC_3655.JPG
感想は

消費者にとって購買のカギとなる、品揃
えや利便性で考えてみると、
売場が小さいぶん品揃えは少ないので、
選んで買い物をしたい生鮮品はスーパー
へ、コンビニのように代行収納などの扱
いがないためサービス機能を求める方は
コンビニへとそれぞれ向かいそうにも思
いますが、忙しくなった現代、買い物に
時間をかけたくない消費者が増えている
ことも確かで、若者が主要顧客であった
コンビニにはその利便性を評価して幅広
い年齢層の方が通っています。
そのような消費者にとってはコンビニの
ように短時間で買え時間を節約できる点
は評価されるでしょう。
また、手作りの沖縄料理(汁ものシリー
ズ)をイートインで食べられる(小さい
店なので抵抗感も少ない)ことなども強
みになりそうです。

DSC_3654.JPG
まとめ

品揃え重視の一般のスーパーと利便性を
追求するコンビニとの間に位置するジッ
プマート。
新しい消費の流れを生み出していくのか
楽しみです。



posted by 志村幸司 at 17:37| Comment(0) | 情報
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: