2019年01月29日

【他店舗から学ぶ】



販売コンサルタントの志村幸司です。
今日は店舗調査についてのセミナーを開きま
したので、その店舗調査について書きたいと
思います。

コンビニ.jpg
店舗調査

店舗調査には2つの種類があります。
ストアコンパリゾンとも言われる競争店調
査は競争を勝ち抜くために、ライバル店の
品揃えや売り場作り、販売、プロモーショ
ンといった部分を調査して自分の店舗と比
較して対策を講じライバル店に打ち勝とう
という考え方です。
モデル店舗調査には、モデルとなる店を参
考にして自店をお客様にとってより良い店
に変えていくものです。
調査内容は競争店調査と基本同じですが、
競争店調査が競争を基点に考えているのに
対し、モデル店舗調査はモデル店舗の良い
ところを参考にする(真似る)という事を狙
っています。
真似るというのは一見良くない感じもしま
すが、他店を真似ることは決して悪いこと
ではありません。
良いところをどんどん真似て、自分の知識
や技術に昇華させていく事が大切です。


調査から意外な発見も

人はイメージで店舗を判断します。
安い商品が大量に積まれていると安い店だ
というイメージを持ったり、選ぶ楽しさを
感じると品揃えが良い店だというイメージ
を持ったりします。
確証はなくなんとなくといったイメージで
捉えています。
そう思わせる事が店側にとっては大切なこ
だと言えますが、イメージの持ち方は店で
働く側も同じで、ライバルだと思っていた
店が調査してみると全くそうではなかった
なんて事に気付くこともあります。
まずは調べてみることが大切です。

まとめ

競争店に打ち勝つ手立てを見付けるため
の競争店調査。
モデル店舗を真似る(参考にする)ための
モデル店舗調査。
自店舗をより良くするために積極的に実
施して頂けたらと思います。



posted by 志村幸司 at 21:41| Comment(0) | セミナー・コンサルティング
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: