2019年01月16日

【限定販売と客離れ】



今日は限定販売と客離れについて書きた
いと思います。

限定する

買いたくなる(購買意識が強く働く)方法
として
「今だけ・ここだけ・あなただけ」
という言葉を活用した限定販売が小売り
の世界でよく活用されています。

今だけ(時間)ここだけ(場所)あなただ
(ロイヤリティ)を活用して、買いたくさ
せる方法ですが、人は「…だけ」と限定
されることで、買わないと損するという
気持ちや特別感などを持つもので、限定
販売は購買意欲を高める武器と言えます。

スーパーなどでは、日替り品など期間限
定価格商品、数量限定商品などで集客を
図り、テレビショッピングなどでは、商
品の品質や使い勝手の良さ、楽しさを徹
底的説明することで“良いな“とか“欲し
いな“などと思わせ、最後にお得感を感
じるよう「今だけ価格」を提示して背中
を押す流れなどが見られます。
前者は価格相場が明確なので購入者の満
足度は高いはずですが後者は注意が必要
です。
欲しいものを納得できる価格で購入した
場合と、迷っているのを背中を押されて
購入するのは買った後の満足感に違いが
出るからです。
後悔する気持ちを押さえ、正しい買い物
をしたと思い込もうとする心理が働くも
の、結局後悔が残り満足度は下がります。
後悔は客離れを起こすので、相場感や適
切な売り込みを意識し後悔させないこと
が大切です。

まとめ

購買意欲を高めさせるために「今だけ・
ここだけ・あなただけ」という言葉で限
定感や特別感を感じて頂く事が大切です
。ただし、同時に後悔させないことも重
要で、品質と価格のバランスを整える事
や、節度のある売り込みを心掛ける事が
重要です。
今だけ感を過度に強調するなど、売り込
むだけのテクニックに走り過ぎないこと
です。
後悔=客離れ
だと思うべきです。


posted by 志村幸司 at 10:53| Comment(0) | 学びの部屋
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: