2018年08月22日

【沖縄の旧盆】



こんにちは。
販売コンサルタントの志村幸司です。
沖縄は旧盆の時期がやってきました。
旧盆について書きたいと思います。

DSC_1775.JPG
根強い旧暦文化

沖縄は歴史上、中国の影響を強く受けた事や
、海に囲まれた島であることで漁のための潮
の干の満ち引きや、種まき・収穫のタイミン
グを図ることのできる旧暦が重要視されたよ
うです。

日本全体の盆は新盆(7月13日から4日間)と
月遅れ盆(8月13日から4日間)で行われる地
域が多いですが、沖縄は旧暦で実施されるた
め新暦で固定されていません。
毎年旧暦の7月13日から3日間(4日間の地域
もある)で行われるため、今年は8月23日〜2
5日、来年は8月13日〜8月15日、再来年8月
31日〜9月2日で実施されます。
この日程のズレ込みがスーパー業界などの準
備を大変にしています。

DSC_1784.JPG
うんけ〜、なかのひ、う〜くい

初日うんけ〜(お迎え)はうんけ〜じゅ〜し〜
(沖縄風炊き込みご飯)で先祖をお迎えします。
なかぬひ(中日)はお菓子やソーメンなどを
仏壇にお供え、お中元ギフトを持って親戚廻
りをします。
大切なう〜くい(お見送り)は重箱やオードブ
ルをお供えします。
3日間ともお供えして、先にご先祖さまに食
べて頂き、その後下げて我々が食べる流れで
す。
お供えする際には「うさがみそ〜れ〜」(お
召し上がり下さい)、下げる際には「うさん
で〜さびら」(お下げいたします)と仏壇に
声掛けをします。

DSC_1781.JPG


DSC_1782.JPG


DSC_1783.JPG
食材も違う

3枚肉(皮つき)や沖縄天ぷら、かまぼこ、
中味汁(豚の内臓)、昆布、あげ豆腐などを
食べますが、肉の中心は豚であり、沖縄独
特な食習慣と言えます。
最近では、各家庭でのアレンジも進んでい
るため、家庭によって食べるものが変わっ
たりするようです。

楽しみな旧盆

親類が集い、美味しいくぁっち〜(ご馳走)
を食べる楽しい旧盆。
それを支えるスーパーなど食品店はうんけ
〜の食材、来客を考えたなかぬひの食材、
家族で楽しむう〜くいの食材と3日間提案
を凝らします。
今年も沢山のくぁっち〜(ご馳走)を楽しみ
たいと思います。


posted by 志村幸司 at 08:34| Comment(0) | 情報
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: