2018年10月24日

【無印良品の農産物】



こんにちは。
販売コンサルタントの志村幸司です。
先日、有楽町にある無印良品に行ってきた
のでその事について書きたいと思います。

DSC_2153[1].JPG
無印良品と言えば

無印良品と言えば…
シンプルな生活を提案しナチュラルカラー
の衣料品や寝具インテリア、雑貨やレトル
ト食品など一部加工食品を扱う店舗。
こんなイメージでしょう。

しかし、無印良品には数店舗農産物を扱う
店があります。
その1号店、無印良品有楽町店に行ってき
ました。

DSC_2157[1].JPG
JR有楽町駅の近く

JR有楽町駅から数分歩いた場所にある同店
は、1階が農産物を扱う食品売場、2階と
3階が衣料品や住居関連品の売場となって
います。
今回の来店目的は農産物コーナーを見るこ
とでしたが、期待通りの内容でした。

DSC_2159[1].JPG
健康と国産

1階の売場では健康と国産にこだわった高
品質な農産物(野菜果物)、調味調剤、レト
ルトや缶詰め、お菓子類を提供しています。

農薬不使用、ノーワックス、有機栽培、特
別栽培(化学合成農薬および化学肥料の窒
素成分を慣行レベルの5割以上削減して生
産した農産物)など、高品質商品を扱って
います。
複数台配置されたビデオからは、生産の過
程や、生産者のメッセージが流れています
。そのビデオからは消費者の健康を追求す
る作り手の熱い想いが伝わってきます。
そして直線的に届く音響システムにより、
隣のビデオと全く音が重ならない工夫がさ
れているため、一語一句キチンと言葉が聞
き取れ内容も伝わってきます。
生産者や店の想いがしっかり伝わるって素
晴らしいと思います。
昔の生産風景を想像させる農機具のディス
プレイも手作り感を引き立てています。
また、POPは手書きで親近感を持たせな
がら、情報は栽培方法などに絞って載せて
いるため、文字数が適切で読みやすいもの
でした。
 
DSC_2164[1].JPG
最後に

健康と国産にこだわった品揃えは、消費者
の健康生活に貢献したいという想いが伝わ
ってくるものでした。
また同店の売場づくり(陳列、POP、演出
物)などからは「伝えたいことは工夫次第
で伝わる」という事を強く感じました。
どうやったら伝わるのかを徹底的に考えて
いるのでしょう。
昨年9月にオープンして1年経過したばか
りですが、東京都の道路計画により来年4
月に日本初のMUJIブランドホテル(インバ
ウンド対応強化/中国で成功)とともにオー
プンする銀座店に引っ越しする予定のよう
です。
新しい売場にさらに期待したいと思います。
posted by 志村幸司 at 20:44| Comment(0) | 情報