2018年09月11日

【在来種で緑化】



こんにちは。
販売コンサルタントの志村幸司です。
私が所属する沖縄観光の未来を考える会(
未来会)の仲間でもある、植物空間演出家
、多田弘氏の取り組みについて書きたいと
思います。

DSC_1912.JPG

沖縄の在来種

沖縄のイメージを聞くとハワイとイメージ
を重ねる方が多いと思います。
30年近く続いた長い米国統治時代の影響や
1900年前後に行われたハワイへの移民など
の影響もあるかと思います。
植物もハワイなど南国のリゾート地をイメ
ージさせるものが多いですが、域外から持
ち込まれてきた植物も沢山あるようです。
沖縄のイメージが強いハイビスカスの原産
地はハワイやインド洋にあるマスカリン諸
島ですし、ブーゲンビリアは中南米が原産
地、街路樹として活用されている朱色の花
が咲くホウオウボクはマダガスカル産でい
ずれも外来種です。

沖縄には沖縄ならではの在来種があり、そ
れにより昔は別の風景が拡がっていたよう
です。
その在来種に拘った緑化の推進を多田氏は
進めています。

沖縄在来種の盆栽

DSC_1916.JPG

写真の盆栽は左から・しゃりんばい・ふく
ぎ・はすのはぎり・もんぱ、という名前の
沖縄在来種で作った盆栽です。
多田氏は、この盆栽を作る仕事を作り出し
て、雇用への貢献、在来種を生かした環境
意識の向上を考えているようです。
仕事になることで県内に在来種が増えてい
くわけです。
在来種が増えて沖縄らしい沖縄になるとよ
り沖縄のブランド力も高まりそうです。

最後に

沖縄の在来種を拡げる活動を進める多田氏
ですが、盆栽以外にも在来種での庭園作り
も考えているようです。
沖縄のアイデンティティー醸成に影響を与
えそうです。

※在来種の盆栽等への問い合わせは
090~3786~0826(多田 弘)へお願いしま
す。
写真は沖縄観光の未来を考える会(未来会
)の情報交換会での写真で、下段中央が多
田氏です。
41429874_294404881350289_395852519898611712_n.jpg


DSC_1914.JPG
posted by 志村幸司 at 17:09| Comment(0) | 情報