2018年08月29日

【わんさか大浦パーク】



こんにちは。
販売コンサルタントの志村幸司です。
今日は、名護市大浦にあるわんさか大浦パー
クについて書きたいと思います。

DSC_1856.JPG


DSC_1872.JPG


DSC_1858.JPG


伝わりやすい取り組み

わんさか大浦パークでは、売店、飲食店、
イートイン、マングローブ遊歩道の散策、
カヤック体験などがありますが、売店や飲
食店、イートインは地元客と観光客、そし
て遊歩道とカヤックは主に観光客で賑わっ
ています。
地元客と観光客が融合して共に楽しむ施設
と言えます。
各地で地域での取り組みが増え続ける中こ
こ何年か客数が伸び続けてきていることも
、これら両方の客を狙った取り組みが適切
だった証拠でしょう。

オリジナリティの追求



DSC_1878.JPG


DSC_1876.JPG


DSC_1879.JPG


DSC_1863.JPG


DSC_1864.JPG


DSC_1854.JPG


DSC_1873.JPG


同店舗のような観光商業施設は似通ったも
のになりがちで、その個性(オリジナリテ
ィ)をいかに出すかがポイントになります。
わんさか大浦パークでは、マングローブの
側を進む"カヤック体験"は、オリジナリテ
ィが凄く高いですし、もともとあった資源
を有効に活用したものです。そして、地元
製造で人気の"春おばーのなんとぅ""きく
おばーの味三原なんとぅも地元の力の有効
活用と言えます。
さらに"ドライパイナップル"や"クッキー"
など、わんさか大浦パークが生産している
オリジナル商品、地域のフルーツを使った
スイーツ類など沢山の個性があります。
目の前に広がる大浦湾も眺望として大きな
資源になっています。


沢山のイベントも


集客に大切なイベントは、ナイトレジャー
として"星空観察会""ホタル観察会"。
また、干潟を散策するマングローブロード
散策など、わんさかならではの個性的なイ
ベントが多数あります。
GWイベントでは地元漁協の協力によるマグ
ロ解体ショーなどが組み込みこまれ大きな
賑わいをみせていました。
11月に行われている"二見情話大会"も人気
イベントのひとつとなっています。



写真はGWに撮影したマグロ解体ショー
DSC_0630.JPG


DSC_0633.JPG

地域の情報発信基地

情報コーナーは、わんさか大浦パークから
の情報提供コーナーと、地域の情報コーナ
ーが配置され、地域密着度の高さが伝わっ
てきます。
身構えないで地域住民も集まれる環境を作
りあげています。



DSC_1867.JPG


DSC_1868.JPG



DSC_1869.JPG
さいごに

地域商品やオリジナル商品を販売し、自然
など地域の資源を有効活用して、オリジナ
リティを追及することで地元客と観光客が
共に集う「わんさか大浦パーク」。
私の意見としては、より多くの地元客(県
内全体から)を集めることに力を入れて、
地元客の盛り上りを知った観光客が集まる
、そんな施設になるともっと良くなると思
います。
更に地元客と観光客の融合を追求して頂き
たいと思います。

posted by 志村幸司 at 18:37| Comment(0) | 情報