2018年08月04日

こだわりの【Cheese shop】



DSC_1575.JPG
こんにちは。
販売コンサルタントの志村幸司です。
今日は南城市大里にあるショッピングセン
ター、アトールにて店舗を構える本格チー
ズの店、「Cheese shop」(チーズショッ
プ)に行ってきましたのでその事について
書きます。
今日は忙しい中でしたが、数キロ離れた所
にある工場を案内してくれました。

イギリス出身のオーナー デービスさん

写真のデービスさんは、イギリスから44年
前に日本(東京)に渡ってきました。イギリ
スでは小学校の教師でしたが、日本に来て
英会話塾の経営に乗り出しました。その後
東京から北海道へ移住、そこでも同塾を経
営して、引退後はゆっくりしようと北海道
で結婚した奥さまと沖縄に来てチーズ作り
を始めたようです。
小学校の教師時代にサイエンスに興味を持
ち、サイエンス専門誌にも関わったほど。
そのサイエンスの知識がチーズにも生かさ
れているいるようです。

一貫した製造

DSC_1577.JPG


DSC_1578.JPG


DSC_1594.JPG


DSC_1587.JPG


DSC_1581.JPG


DSC_1585.JPG


牛舎と工場が隣接していて、牛舎から運ば
れた牛乳をミルクエントリー室の容器に入
れ、そこから工場内の攪拌器を通し、ボイ
ラーで温め、次に冷却器で冷やし……
沢山の行程を経て出来上がるようです。
素材は沖縄の野菜・果物(フーチバーやシ
ークァーサー)などを使い40種類以上を製
造しています。安全性を高めるために素材
を乾燥させ、パウダーにする事で水分を徹
底的に抜いているようです。
DSC_1591.JPG

衛生面もしっかり
DSC_1583.JPG


DSC_1584.JPG

衛生管理もしっかりしていて、工場内の清
潔さはもちろん、立ち入り管理も徹底。
私も入室記録を書きました。
衛生面で素晴らしく思ったのが、牛乳を溜
めるステンレスの器部分が一枚物で作られ
ていて繋ぎ合わせた部分がないこと、そし
て床の角部分も丸く加工され角に不要物が
残らないように工夫が施されていました。


最後に

沖縄の素材を使い、ブレンドしないことに
拘り、そして衛生管理に拘るデービスさん
。そのチーズはワインの拡がりに歩調を合
わせ拡大していくでしょう。
※店内はお客様が多く写真が取れませんで
したので、テレビ(okinawa made walke
r)で紹介された時の様子をアップ。
DSC_1596.JPG


DSC_1597.JPG
posted by 志村幸司 at 16:22| Comment(0) | 情報