2018年07月19日

【イオンドラッグ泡瀬店】



こんにちは。
販売コンサルタントの志村幸司です。
7月14日沖縄市泡瀬にオープンしたドラッ
グストア、イオンドラッグ泡瀬店について
書きたいと思います。

DSC_1319.jpg
激戦の泡瀬地区

同店がオープンした泡瀬には、同経営企業
イオン琉球(株)がマックスバリュ泡瀬店、
隣町ながら車で3分ほど走った先にはイオ
ン具志川SCがあります。いずれも薬品の
取り扱いがあり、自社競合と言える状況に
あります。また、ドラッグイレブンなど他
社ドラッグストアも3店舗ほどあり、厳し
い競争環境にあります。

DSC_1318.JPG
イオンドラッグ泡瀬の特徴

売り場には、薬品、生活用品、お菓子やド
リンクなど加工食品、パン、牛乳、チーズ、
麺類、冷凍食品(冷凍調理済み食品)、アイ
スなど日配品、弁当、おにぎり、サンドイ
ッチ、サラダなど惣菜類まで取り扱い、日
々の生活を支える品揃えになっています。
また、サービス機能としてコンビニエンス
ストアの強みである代行収納を扱い、利便
性を高めています。
ドラッグストアの必勝パターンと言われた
、生活用品を安売りして客を呼び、利益率
の高い薬品で儲けるという型から更に利便
性を高めた進化した姿になっています。
弁当やおにぎり、パンなどのコンビニエン
ス商品の選択肢がほとんどない状況なので
、選べる程度に品揃えを広げると更に魅力
が高まるように感じました。

DSC_1316.JPG
最後に

スーパーやコンビニから少しずつ売上げを
奪う型で成長を続けるドラッグストア。
総合品揃えスーパーなど幅広い扱い商品が
あるイオン琉球にとって、品揃えの調整力
が他社ドラッグストアに対しての強みにな
るでしょう。
今後のイオンドラッグの進化が楽しみです。


posted by 志村幸司 at 12:12| Comment(0) | 情報