2018年06月12日

【自らマーケティング管理】



こんにちは。
販売コンサルタントの志村幸司です。
マーケティングも分業(分散)から自分で出
来る(集中)時代へと変わってきました。
そのことについて書きたいと思います。
 
閃く女性.jpg
分業の形が変わってきた
 
自分で企画した商品を宣伝するためには、広告
代理店にチラシを作って頂き新聞配達やさんに
持ち込んで頂き、配布される流れ。テレビの場
合も同じく、制作会社に依頼し、作成して頂き
テレビ会社に持ち込まれ放映される。いずれも
分業で出来上がる仕組みです。これは今でも大
部分を占めていますが、今ではチラシは自分で
作ることが容易になり、配達以外のある程度は
自分で出来るようになりました。さらに、IT
の進化により紙に印刷しなくてもネットやS
NSで配信できるようになりました。
自分で作って自分で配信できるのは動画広告も
同じです。プロにしか入れなかった世界にアマ
チュアが入り込めるようになったと言えるでし
ょう。もちろん、プロが要らなくなるのではな
く、プロはプロとしての高い専門技術で生き残
っていくと思います。
 
GLAYは自ら専用アプリ運営
 
音楽の世界も作る人、歌う人、レコードを作る
人、販売する人など役割がありますが、GLA
Yは自らの楽曲の権利を自分たちで持ち、月額
980円でGLAYの全ての曲や、映像、電子
書籍、ニューズ、SNS(メンバーの)など、
自ら開発に加わった専用アプリでGLAYの全
てを楽しめるようにしているようです。
ユーザーの声をダイレクトに聞くことで自ら改
善を図っていく事などを狙っているようですが
、確かに、分散していてはダイレクトな情報が
入りにくいでしょう。マーケティング全般を自
分で管理することで細やかな修正を掛ける、ま
たはニーズに合わせた新しいサービスを開発す
る。顧客視点のモデルといえます。
 
最後に
 
技術革新によりマーケティング全般を自ら設計
運用できる時代になってきました。小さい企業
でも戦える土俵が整ってきたとも言えそうです。
自分で管理できる仕組みを作ることが顧客視点
の対応に繋がり、自らの存在価値を高めるすべ
にもなりそうです。
posted by 志村幸司 at 13:59| Comment(0) | 学びの部屋