2018年06月08日

【リテールマーケティング講義】



こんにちは。
販売コンサルタントの志村幸司です。
昨日リテールマーケティング(販売士)の講義
を開きましたのでそのことについて書きたいと
思います。

DSC_1091[1].JPG 
マーチャンダイジュングの部
 
うるま市にある海邦ビジネス専門学校で学生向
けに開催しているこの講義は、小売業の類型を
終え、今週よりマーチャンダイジングの部に入
りました。
マーチャンダイジングとは、商品を品揃えし、
販売する活動全般のことで、商品化政策や商品
計画などとも呼ばれています。
 
今回学んで頂いた中身は
・商品の品質3要素と3つの適合性
・商品の分類と本体要素
・マーチャンダイジングの構成要素
・品揃えの幅と奥行き
・棚割りとディスプレイの基本知識
・販売計画に基づく仕入の役割と情報
・小売業の物流の基本
・経営に大きな影響を及ぼす在庫管理
などです。
難しそうなタイトルもありますが、それぞれに
実際の現場での状況などと照らし合わせながら
授業を進めていますので、比較的わかりやすか
ったと思います。
例えば、商品の品質3要素で、機能性や性能を
表す一次品質、趣味や感性の要素を表す二次品
質、社会的なことを示す三次品質など、テレビ
や車の例に例えて説明しました。品質の評価は
一次二次三次の順で行われるわけです。
その他、商品や売り方を決め、注文して店に入
荷、陳列、販売されて追加注文される繰り返さ
れる流れ、マーチャンダイジングサイクルなど
も実例で解説しました。
 
DSC_1094[1].JPG
理解する事が大切
 
私が大切だと思っているのは、暗記型で覚える
のではなく、全体像や意味を理解する事が大切
で、資格試験に合格する事はもちろん、小売業
に興味を持って頂き、小売りの現場で販売士が
活躍する事です。
学生さんたちは、20歳前後で経験も少ないた
めなかなか理解が難しい面もあるようですが、
より、身近な実例を増やして頭に入りやすいよ
うに学習を進めていきたいと思っています。
 
最後に
 
次回はマーチャンダイジングの後半戦。今回分
の復習を含めて理解が深まるよう心掛けて講義
を進めていきたいと思います。
posted by 志村幸司 at 10:11| Comment(0) | 販売士関連