2018年05月10日

【ドンキホーテUNY大口店】



こんにちは。
販売コンサルタントの志村幸司です。
今日は先日見てきたMEGAドンキホーテUNY大
口店の感想を書きたいと思います。

DSC_0331.JPG
ドンキとユニーの合体

資本業務提携により生まれた同店は、2者の
強みを組み合わせて独自性を出そうというも
のです。
インテリアから電化製品、おしゃれ雑貨、生
活雑貨などを激安価格とボリューム重視の売
場作りで販売するドンキホーテ。
中部地方を中心に総合スーパーを展開するユ
ニーは、イオンとイトーヨーカ堂に次ぐ売上
規模を誇ります。ユニーファミリーマートホ
ールディングスで総合スーパー運営を担って
います。
総合スーパーのなかで衣料住居関連での役割
が弱くなってくるなか、食品を特化したいユ
ニーと、扱いがなかった食品をプラスして総
合化を図りたいドンキホーテの狙いが合致し
たものと言えます。

特徴的な売場作り

食品はユニー、衣料住居関連はドンキホーテ
が担当しているようですが、店内演出はドン
キホーテ流で統一されています。食品売場も
ドンキホーテの手書きポップ、ボードなどが
くまなく使われいて、激安イメージは全館に
拡がっていて、ドンキホーテで買い物をする
わくわく感が全館に拡がっています。

感じたことは

激安イメージでの全体集客とユニーファンで
ある中高年層、ドンキホーテファンの若年層
をそれぞれ呼び込める点でも良い組み合わせ
だと思いました。
そんななかで気になるのは食品売場の演出を
ドンキホーテ流にしたことです。私自身総合
スーパーに身を置いていたこともあって衛生
面を重視する消費者が増える現代において、
雑多感が出るドンキホーテ流は食品売場には
馴染みにくいと考えているからです。
ただし、組み合わせ手法で新しい価値を生み
出す挑戦は素晴らしいと思います。

DSC_0330.JPG
最後に

激安ディスカウントストアーのドンキホーテ
と総合スーパーUNYの合体した同店は、統合
により拡充された品揃えやドンキホーテ流演
出の活用による激安感やわくわく感が魅力的
でした。

posted by 志村幸司 at 10:15| Comment(0) | 学びの部屋