2018年05月14日

【ヨーカドー新型店舗】



こんにちは。
販売コンサルタントの志村幸司です。
イトーヨーカ堂が進める食品強化型の新店
舗、横浜市にある「食品館イトーヨーカ堂
瀬谷店」について書きたいと思います。

IMG_20180511_141503.jpg
食品とテナントの組み合わせ
 
2018年度2月期第2四半期決算会見で食品の
不振が報告され、出された食品強化策が食
の外部化に対応した新しい売場。
デリカテッセンとインストアベーカリーを
強化して、ライブ感のある売場展開をする
というものです。
先日行った瀬谷店は3月末にオープンした
3階建の店舗で、1階は生鮮食品フロアで
肉の調理キットやフライパンで焼くだけの
フライパンデリなどを揃え、調理時間の短
縮化による忙しい主婦への貢献。駅直結の
2階では、約30席の飲食スペースがある惣
菜・イートインフロアを展開。外食対応を
実施しています。3階はテナントフロアで
、飲食、理美容、英語教室、保育園などを
配置しています。
 
売場にも工夫が 
 
生鮮品コーナーでは「私たちのおすすめ」
働いているからわかること」「主婦目線情
報」とタイトルが書かれた従業員の実食レ
ポートが、お勧めする従業員の顔写真入り
で表示されています。
例えば
【顔が見える野菜ミニトマト】では、
「お弁当のいろどりにおすすめです」
「こだわったミニトマトなので味も濃厚」
など、
【お肉屋さんのハンバーグ】では
「焼くだけで簡単なので週に一回は登場」
「煮込みハンバーグがおすすめ」
など、購入者が使い道の参考になる情報や
主婦目線の共感を呼ぶ情報を掲載していま
す。デリカレッセンやインストアベーカリ
ーを拡大しただけでなく各売場での提案も
工夫がなされていました。
 

さいごに
 
食品強化に本格的に動き出しているヨーカ
ドー。デリカテッセンやインストアベーカ
リーを強化することや、提案力を向上させ
ることで他の食品スーパーとの差別化の実
施、さらに自社グループでも抱えるコンビ
ニの品揃え拡大への対応など、コンビニと
の競争も意識して、違いを明確化している
ように思えました。
posted by 志村幸司 at 22:53| Comment(0) | 情報

【熱意】

DSC_0902.JPG
(519回)
おはようございます。

「天職に就ければ、疲れに
耐えることも難しくない、
落胆はエネルギーになる。
高揚感は、それまで一度も
感じたことがないものにな
るだろう」
ナイキの創業者、フィル・
ナイトの言葉です。
熱中できる天職に就くこと
が出来れば、成長する強い
エネルギーが生まれます。
ナイキは倒産寸前に日商岩
井に助けられ世界的な大企
業になりましたが、フィル
・ナイトのスニーカーへの
仕事への熱意があったから
こそ、救いの手を差し伸べ
たのだと思います。
熱意は人を動かします。そ
のためには天職を見付ける
こと。頑張り抜ける、好き
で得意なことに挑戦するこ
とです。

では、
今日も笑顔でいきましょうね(^-^)

※今日も良い天気です。梅雨入りしたものの
雨が降らない沖縄、水不足が心配です
posted by 志村幸司 at 06:59| Comment(0) | メッセージ(20160307より)

2018年05月11日

【セブンのネットコンビニ】



こんにちは。
販売コンサルタントの志村幸司です。
セブンイレブンが北海道で実験を行って
いたネットコンビニを全国展開するとの
ことです。ネットコンビニについて書き
たいと思います。

DSC_0427.JPG

オムニセブンとの違いは

セブン&アイグループでオムニチャネル
戦略(ネットとリアルを融合させどこか
らでも買える仕組み)として実施されて
いるオムニセブン。鳴り物入りで始りま
したが、200億円を超える損失を出して
いるようです。
オムニセブンがグループ全体の取り組み
であったのに対し、今回始まるのはコン
ビニ店舗対顧客の一対一の取り組みです。

狙いは

進む高齢化、そして皆で働く忙しい現代。
買い物に苦労する人が増えています。
そのような人々の難を解消しようている
のがネットコンビニです。

課題は

店舗と顧客が直接やり取りをするネット
スーパーはイオンなど大手流通が先行し
ています。
そのなかに参入すること、及び買い物に
苦労している人がまだまだいるのかとい
う市場規模の問題があります。
そして、イオンなどは店舗でネットスー
パーの部署を持って運営しているのに対
し、セブンイレブンのネットコンビニは
現状の店舗メンバーで対応しないといけ
ません。業務が増えるのは間違いありま
せん。導入するかどうかはオーナーに決
めさせるようですが、増加する作業量と
見合うかが解りにくく判断が難しい状況
だと思います。

最後に

店舗と顧客が直接やり取りするネットコ
ンビニ。利便性は高くなりますが既にイ
オンなど先行者がいて、コンビニらしい
新しい取り組みとは言えませんし、十分
な市場があるかが想像できません。
課題は多いように思いますが、消費者の
立場を重視した取り組みですので、市場
が拡大していく可能性はあります。

posted by 志村幸司 at 18:33| Comment(0) | 情報