2018年03月14日

【販売技術を磨く意義】



こんにちは。
販売コンサルタントの志村幸司です。
今日は販売技術を磨く意義について書きた
いと思います。

001885_li.jpg
そもそも販売って

販売とは「商品を顧客に売ること」と辞書
で出てきます。マーケティングという言葉
に拡げると、お客様が必要としている商品
やサービスを必要な時に必要な量、または
、必要性が表面化していない市場を提案し
造り上げること、製造方法や周知方法、販
売方法を明確化することです。販売はマー
ケティング活動の一部ということです。

販売力は技術なのか

販売は高い技術がなくても出来ます。性能
や品質が高く、対して価格が劇的に安けれ
ば売れますし、市場にない商品であれば同
じように売れます。
しかしモノが溢れる現代、必要なモノは基
本的に手元に揃っていて、必要になれば近
くの店ですぐに手に入ります。
そうなると、自分の店で買ってもらうため
の技術が必要になります。提案力のある売
場を作ったり、接客力を上げたりすること
です。売場作り力を上げるのも接客力を上
げるのも学びや経験が必要です。的確な提
案をするためにお客様の心理面の学びも必
要になります。お客様の満足度を高める意
味で販売力とはまさに技術ということです。

売り付ける技術なのか

1度限りでも良しとばかりに売り付ける商
売も確かにありますし、断れない人を見つ
け出して何度も販売する商売もあります。
これらも販売技術です。学んで身に付けた
事だと思います。友達を沢山作って買って
貰う商売もあります。しかし、モノと価格
のバランスが悪ければ、購入する側は販売
者である友達のために損をすることになり
ます。いずれも永くは続きません。
お客様の幸せと自分の幸せとウィンウィン
でなければ、商売は永続きしないのは当た
り前です。ウィンウィンの関係を作ること
が重要だと言え、それに基づき磨き上げる
のが販売力(販売技術の向上)だということ
です。

まとめ

販売技術には提案を起点とした売場作り力
や、接客力があります。
また、販売者と購入者がウィンウィンの関
係であることも永続のために重要です。
ウィンウィンの関係作りに基づく販売技術
の向上を図ることが大切です。
posted by 志村幸司 at 19:53| Comment(0) | 学びの部屋

【進化するわんさかパーク】

DSC_0142.JPGDSC_0132.JPGDSC_0133.JPGDSC_0137.JPGDSC_0136.JPGDSC_0146.JPGDSC_0150.JPGDSC_0148.JPGDSC_0149.JPGDSC_0151.JPGDSC_0153.JPG進化するわんさかパーク!

DSC_0154.JPG
今日はわんさかパークに来ています。
花が溢れるわんさかパークには平日
なのに沢山のお客様がみえてます。
子供達の手袋アート展は色とりどり
楽しく見れ、売店の方もさらに魅力
アップ。地元のはちみつや、パパイ
ヤ、ジャムを販売、POPも読みやす
く、欲しくなりました。
ドローンで撮影したマングローブロ
ードの動画も引き込まれます。
お知らせコーナーもわんさかからの
お知らせと地域からのお知らせがあ
り、地域に根付いた施設である事が
よく伝わってきました。
posted by 志村幸司 at 13:48| Comment(0) | 情報

【自分は自分】

【自分は自分】

(494回)
おはようございます。

「自分の全てを受け入れる
のだ。何もかもを。自分は
自分。そこに始まり、そこ
に終わる。自分を責めたり
悔いたりする必要など、ど
こにあるのだ」アメリカの
国際政治学者、ヘンリー・
キッシンジャーの言葉です。
自分を否定することから始
まることもあります。しか
し、自分を信じ自分を磨
きあげる事がもっとも大切
です。
自分を嫌いにならないで下
さい。自分を好きになって
こそ、自分は生きます。

では、
今日も笑顔でいきましょうね(^-^)
posted by 志村幸司 at 08:34| Comment(0) | メッセージ(20160307より)