2019年06月13日

【販売士3級養成講座】



こにんにちは。
販売コンサルタントの志村幸司です。
うるま市にある海邦電子専門学校で開催して
いる販売士3級養成講座について書きたいと
思います。
 
DSC_4738.JPG
20歳の生徒たち
 
専門学校2年生の20歳(前後)の若者たち
29名を対象に講座を行っています。
6月4日が第1回、昨日11日が第2回で、
1科目「小売業の類型」では
・流通に置ける小売業の基本
・組織形態別小売業の基本
・店舗形態別小売業の基本的役割
・商業集積の基本
について学んで頂きました。
2科目「マーチャンダイジング」では
・商品の基本
・マーチャンダイジングの基本
・商品計画の基本
・販売計画及び仕入計画の基本
を学んで頂き、マーチャンダイジングの残り
、在庫管理や販売管理については次回説明す
る予定をしています。
 
DSC_4732.JPG
小売に馴染みが薄い若者達
 
学生さんということで、社会人ほどの小売
に対するイメージはありません。
ですから、身近な具体例を挙げ、イメージ
して頂きながら勉強を進めています。
就職活動の武器としての資格取得はもちろん
、実際に小売業に就職し仕事に生かして頂き
たいとも考えています。
 
厳しい人手不足が続く小売業。
販売士の学びを通して、沢山の人達が小売業
に興味を持って頂けたら嬉しいです。
 
DSC_4726.JPG
最後に
 
試験日の7月13日の土曜日に向けて、私も
力を尽くしたいと考えています。
生徒たちの中から沢山の合格者が出ますよう
に。




posted by 志村幸司 at 01:19| Comment(0) | 販売士関連

2019年05月17日

【注目店視察5/15】



こんにちは。
販売コンサルタントの志村幸司です。
先日、関東圏の注目店を見てきましたので
その感想を書きたいと思います。
 
視察店舗は
 
視察したのは
人手不足対応で無人店舗に取り組むファミ
リーマート佐江戸店(横浜)
衣食住総合的な心や体に優しい取り組みを
強化する無印良品の銀座MUJIホテル。
そして、食と雑貨売り場の融合を提案する
銀座ロフトです。
 
DSC_4408.JPG


DSC_4431.JPG



DSC_4444.JPG
ファミマの特徴は
 
ファミリーマートはパナソニックと組み無
人店舗を開発実験しています。
通常の店舗の右端に無人店舗を設置し、パ
ナソニックの従業員さん限定で試験運用を
しています。
その流れは、まず、クレジットカードと連
携して個人登録を行い、登録者が入退店の
際にセンサーの前に立つと顔認証でゲート
が開きます。
レジでの計算も顔認証と連動して、引き落
とす相手を間違えないようになっています
。また、通常のセルフレジがお客自らバー
コードをスキャンして購入するのに対し、
同店の読み取りはレジ台に置くと自動的に
なされます。
支払はクレジット処理でほとんど自分で行
うことはありません。
また、通常の売場の方では、業務アシスト
システムを導入し
20台と50〜60台のセンサーで集めた
IOTデータで、欠品管理や導線分析によ
る陳列の見直し等業務の効率化を図るよう
です。天井には沢山のカメラやセンサーが
配置されていました。
店内のPOP類も電子棚札に変えを省力化
を進めています。
また、スマートホンで注文たいおうするモ
バイルオーダーシステム
タブレット端末を使った外国人と対面でや
り取りをする対面翻訳、さらに、イートイ
ンコーナーでは大型プロジェジェクターを
使っての空間演出がなされ、情報提供など
も行う様です。
 
などなど
コンビニの強みである利便性の追求と、労
働力不足を踏まえた作業の省力化が同時に
進められています。
 
DSC_4409.JPG



DSC_4422.JPG



DSC_4411.JPG
MUJIホテルの特徴は
 
MUJIホテルは日本国内発登場で、ホテ
ル下階層は無印良品の売場となっています
。この無印良品は有楽町にあったそれを移
転してきたものですが、食堂やカフェなど
が追加されています。
有楽町店で注目を浴びていたのが野菜売場
で、有機栽培商品を中心に自然派の消費者
の人気を集めていました。
今回の移転で、スペースは若干小さくなっ
たように感じますが、無印良品が選んだ野
菜とあって、凄い賑わいでした。
無印良品は心や体に優しい商品を提供して
きましたが、その商品を活用したホテル、
そして野菜、食堂と同位置づけの商品を多
角的に展開をしています。
DSC_4436.JPG



DSC_4437.JPG



DSC_4432.JPG
 
銀座ロフトは
 
銀座ロフトは食と雑貨の融合をい階フロア
で展開していますが、食品は食品売り場、
雑貨は雑貨売り場でという一般的な括り方
を一緒にすることで同時購入の促進はもち
ろん、新しい生活を提案するものです。
不思議な違和感がありますが、それも狙い
のうちでしょう。
 
DSC_4443.JPG
最後に
 
ファミリーマートの無人店舗の実証実験は
、労働力不足という社会問題への取り組み
として大切なことです。利便性と省力化の
両方を追求する必要性はいづれの小売業に
も求められることです。
無印良品は優しさを追求するモデルは拡大
がしやすくあらゆることに転用していくこ
とが出来そうです。天然のものにこだわる
無印良品のバージョンアップが楽しみです。
銀座ロフトは新しい生活提案、新しい買物
提案など、尖った独特な切り口で様々な提
案がなされることが楽しみです。
posted by 志村幸司 at 13:16| Comment(0) | 情報

2019年05月08日

人材育成のみそ



こんにちは。
販売コンサルタントの志村幸司です。
今日は人材育成について書きたいと思いま
す。
商談.png
統一感を出す重要性

ひとつの価値観を持ち、誰もが同じような
行動をとるステレオタイプの育成を多くの
企業は求めます。
行動指針を立て、同じゴールを目指した教
育カリキュラムを組みます。
統制が取れた企業のイメージは良く、信用
信頼ともに世間の評価は高くなるからです。

教育方法も統一が良い?

では、人材を育成する際に、教育方法も同
じで良いのでしょうか。
理解していただくことは同じでも人により
理解のしやすい方法は変わります。
人の理解や記憶は、耳で聞いた方が覚えや
すい人と目で見た方が覚えやすい人、文字
の方が理解できる人と図に表した方が理解
できる人、さらには物事を順番に考えた方
が理解できる人と、全部を一度に見て全体
をイメージする事で整理できる人もいます。
キチンと理解して頂くためには、理解の個
性を知り、教育に反映させる必要がありま
す。ひとつの方法を押し付けると苦手な人
は力を発揮出来なくて当たり前です。
それぞれの理解しやすい方法を確認して、
ある程度でもそれを意識した教育方法をす
るべきだと言う事です。
目の前で一読させて質問にすぐ答える事を
優秀かどうかの物差しにしてはいけません。

最後に

人の理解や記憶の方法にはそれぞれ個性が
あります。
その中で真剣に人を育成しようと思うなら
、それぞれの理解しやすい方法を知り、極
力反映させていくことです。
偏った人材を育てないためにも気をつけな
ければいけません。
posted by 志村幸司 at 15:54| Comment(0) | 情報